出張先の相部屋で絶倫上司に犯され快楽堕ちする巨乳新人OLのパンティ動画<庵ひめか>

街で見かけた美人奥様・熟女のパンティをじっくり拝見…普段履きパンティ満載で我慢の限界!
エロ動画満載!ポチっとしてね

出張先相部屋NTR 絶倫の上司に一晩中何度もイカされ続けた巨乳女子社員 庵ひめか

作品紹介

一晩で8発もの精子をそそがれる絶倫寝取り性交映像。「会食終わったら連絡するね…」絶倫ピストンにイイ女が堕ちる!!1発、2発、3発、4発…「オレ、庵となら何発でもヤレるよ。(笑)」出張先で男性上司と相部屋でそのまま体を求められ…一晩で8発もの精子をそそがれる絶倫寝取り性交映像!揉みしだかれる爆乳Lカップ。イイSEXだと女は、受け入れる。「部長、挿れてください…」。

ギャラリー

爆乳Lカップ美人OLと出張に出掛けた絶倫上司!
客との接待で酔い潰れスーツ姿のまま寝落ちしたところを・・・
絶倫上司の極太チンポで朝まで犯し続け、上司チンポの虜にさせる!

👇※元動画が削除された場合はご視聴できません。

詳細・購入はこちらからどうぞ

初回購入者限定!50%OFFクーポン

ユーザーレビュー

毎月新作の発売が楽しみで仕方ないひめか。
ヴォリューミーな垂れ乳と香ばしい超巨大乳輪は、今作ではどんな表情を見せてくれるか。ワクワクしながら鑑賞開始。
画質は可もなく不可もなく。
いつも思うが、AVにドラマパートは要らない。俺らはドラマを見たくてAVを見るんじゃない。
開始20分経ってようやく絡みがスタート。
ホテルのベッドでひめかに喰らいつくゲス上司。これからレ◯プされると言うのに、嫌がる素振りだけでほぼ無抵抗のひめか笑笑笑。ブラから乳袋を捻り出して乳首を入念に嬲り、香ばしい巨大乳輪に齧り付くゲス漢。体調が絶好調なのか、ひめかの乳輪はいつもの濃茶ではなくキレイに澄んだピンク色笑笑笑!!
パンツを剥ぎ取り、洗ってもいない、汗クッサイひめかのマ◯コとケツ穴を舐めまくる漢。マン繰り返しでビラビラ厚めのドドメ色マ◯コがあらわに笑。ダイ◯ン並の吸引力でひめかのマ◯コをバキューム笑。いやー、これぞ漢の至福。ウンマイだろうなぁ笑笑!!
漢はこれまた洗ってもいない汗クッサイチ◯ポをひめかの乳袋に?挿入?し、パイズリを堪能。ひめか名物・皺皺縮み乳輪もここで降臨笑笑笑!!馬乗りのまま、ひめかの口にそのままチ◯ポをぶち込む。
お楽しみのマ◯コへの挿入は正常位から。
正常位で突きながら強くひめかの乳首を捻るのが、虐げ感があって胸熱。フィニッシュは正常位からの顔射。この頃にはひめかの皺皺乳輪の色は、やっぱりいつもの濃茶でした笑笑笑(コレ、最上級に褒めてるんだよ)!!
1st FUCKは着衣なのでせっかくのひめかの乳袋揺れを楽しめないが、後のチャプターではベッド全裸騎乗位で、ダラシなく揺蕩う垂れパンダ軟乳を堪能できる。立ちバックで激しく上下に波打つ垂れ乳はサイコー!!またシャワーFUCKでも、片足上げ立ちバックで激しく揺れる垂れ乳袋を存分に味わえる。
NTRモノだがひめかの無抵抗で、悲壮感は全く感じられない笑。
ただ一点、すごく気になったのが、作品の度にひめかがホッソリしていくこと。前々から気になってはいたが、フェイスラインは段々シャープになり、何と言っても肝心の乳袋も少し萎んだように感じる。
ふくよかな愛らしい顔つきと、ヴォリューミーな垂れ乳・超巨大乳輪がひめかの唯一無二の魅力。魅惑のボディを維持して、これからもっともっと漢を愉しませてもらいたい。応援してます!!

ひめかちゃんのパツパツスーツ姿の破壊力はすさまじい。
飲み会のときから勃起しっぱなしになってしまうほどの色気。
朝まで犯し続けるのは男として当然の行いだろう。

初見の女優さんです。
顔もカラダも反則級の女優さんですね。
極上のルックスにこのぷるんと蒟蒻ゼリーみたいなおっぱいはズルいです。しかもそれだけじゃない、セックスも超エロいです。

OL役で澄ました顔は岬ななみ、エッチの時はmiruや山岸逢花を彷彿とさせる顔立ち。
美形だけど甘さがあり、どこか親近感を覚えます。「アン」とか「だめだめ」と言う声も極上の甘さで言う事無し。そしてやっぱり何と言っても、この最上級のぷるぷるおっぱいでしょう。
お尻派の私でも、このふわトロ触感(推測)には目を奪われます。乳輪もエロいし、何なのさこの娘わ。シャワールームで後ろから突かれまくり揺れるおっぱいの画がやらし過ぎます。
定番のガラス押し付けおっぱいを初めてエロいと思った。感度も抜群で、ビクンビクンと魚が飛び跳ねるように反応して、感じると時々舌が出るのも最高です。
シャワーの後の長尺の絡みでは、甘えん坊でキス好きな所も窺い知れます。
バックで突かれまくってイキ止まらないシーンは激シコです。今後も要チェックな女優さんですね。

出演女優:庵ひめか ※画像クリックで出演作品をご覧になれます。

庵ひめか

コメント