下着買取りサイトで出会った可愛いギャルJKとハメ撮りセックスするパンティ動画

エロ動画満載!ポチっとしてね

下着買取りサイトで知り合った素人の使用済みパンティvol.7

作品紹介

今日は、朝から背徳感と興奮が混ざりあった状態におれは居る。準備をして、軽やかに待ち合わせ場所に行き、そこにはもう彼女の姿が。「J○」、おれにとってどんなブランドより高価な響き。彼女にあった瞬間、それまで多少なりともあった背徳感は消えさり、欲望のままに彼女の下着にうずもれたいおれがいる。J○って、どんなシミをつけるんだ、シミの香り、味、早く堪能したい。我慢が出来ないおれは、カメラを向けられ恥ずかしがっている彼女に部屋に行こうと声をかける。彼女と出会ったのはSNS。下着買取サイトで知り合い意気投合し、彼女からパンティを購入することになった。しかも、実際に会って下着をもらえる。写メももらいその妄想でおれは何回シコッたことか。下着は7着持ってきてもらい、目の前でさらに下着を汚してもらう。汚したてのひまわりちゃんのシミをいただけるなんて、同じ下着マニアに話したらうらやましがられるだろう。優越感とちんこの高まりは最高潮に達している。実際目の前で目の当たりにしたら、おれはどうなるんだ。その方が心配だ。ホテルに入り彼女とようやく2人きり、おれの趣味をおもいきり【1着目】濃い赤色の大人地味たパンティ。正直、顔に似合わない大人地味たパンティ履いてんじゃないよと思ったのが率直な感想。1着目にこのパンティはないよ、中盤くらいに味変で欲しかったタイプのパンティ。そんなことより、おれに言わせたら前菜のパンティになるわけだから彼女のポテンシャルを確認する為には重要なパンティである。シミを拝見する。黄色い色味がしっかり出ていてありがたい。匂い。うーん。あまり、匂いがないな。ツーンと鼻をつんざくような匂いが欲しいな。味。甘め!これならいつまででも舐めてられる。ここからは実際に履いてもらうお楽しみタイム。以降は、お楽シミタイムと統一させてほしい。マッサージ器をマンコに当ててもらう。ひまわりちゃんに教えておこう。大人はこうしたおもちゃの使い方をするんだよ。恥ずかしいと言いながら、ひまわりちゃんにとっては新しいマッサージ器の使い方にマンコがぐちょぐちょじゃないか。いいシミが出来てきている。彼女は濡れやすいな。おれはもっとシミが欲しい欲望にガマンできず、おもちゃの強さを最強にした。彼女は何回もイっているが、おれはイクことよりシミが欲しい。匂いを頂く、鼻をツンと抜ける刺激的な匂い。おれはこの刺激を待っていた。この匂いは、どんな眠気覚ましよりも意識を覚醒へといざなう。【2着目】ベースが白で青い花の柄がかわいいパンティ。清楚なイメージのパンティ。なかなか清潔感があっていいじゃん。清潔感の先にどギツいシミなんてかなり興奮する要素。白いやつは目立たないかなとか言ってるけど、シミが濃ければ白の方が目立つだろ。シミの部分を撫でながら俺は実際パンティにマンコが当たっていることを頭に浮かべる。匂いはやっぱり薄いんだよな、3嗅ぎまでと言わずコロナ渦のマスクのように口にずっとつけていたい。バイブを当てる前から、めちゃくちゃ濡れてるじゃないか。ちんこ型のディルドを見ただけで濡れたのか?どんだけいやらしいひまわりちゃんなんだ。パンティ越しでも糸をひくくらいの濡れ方。これはシミに期待が持てる。めくった後に擦るんじゃない!固形物が出来ないじゃん。おれは固形物も後で味わいたいんだ!そのびちょびちょの愛液をしっかりパンティでふき取っておこう。彼女は甘めなのか、後で味変があるのか期待できるな。【3着目】白ベースの花柄模様のパンティ。このパンティもシミはしっかりと黄色くついている。匂いを深呼吸するようにしっかりと堪能する。やはり匂いが薄いのがちょっと悔しいな。でも、パンティを嗅んでいるところを彼女に見られているのもたまらない。【お楽シミタイム】今回は、パンティを食い込ませてもらいシミを付けてもらう。マンスジがパンティ越しにわかるくらい食い込ませる。食い込ませたパンティ越しにマンコを撫でさせシミを付けてもらい、一旦匂いをいただく甘いな。後ろを向かせ、ティーバックのように食い込ませてもらう。どれだけシミが付いてるのか確認するが、納得のいく付き方ではない。バイブ君、君の力を借りなければいけない。バイブを押し当てると彼女はもう糸を引く愛液を出している。興奮した俺はバイブを中に入れた。バイブを押し返すくらいの締め付け、こんな締め付けのいいマンコにちんこを入れたらマンコにちぎられそうだ。ぐんぐんバイブを押し当てると彼女の愛液は飛び散るぐらいに出ている。もったいないのできちんとパンティで拭き取らせていただきます。拭き取ったパンティーをはぎとるようにひまわりちゃんから奪い去る。【4着目】ピンク色でバックがシースルーになっているパンティ。かわいいパンティだな。今回はシミが薄目。ただ、固形物があるじゃないか爪でカリカリして採れたものを頂きます。カリカリのご飯とは違った甘味、彼女の旨味をすべていただいてる気分である。お風呂場に連れていきおしっこをしてもらう。おしっこのアンモニアの匂いと付けてもらってきたシミはどんなケミストリーを生むのだろうか?早く匂いたくて仕方がない。彼女はしっかりとおしっこを垂れ流してくれた。垂れ流されたおしっこはパンティーへと染みる。最高だ。背徳感なんてもう俺にはなく欲望のままにおしっこまみれのパンティーを嗅ぐ。アンモニアと彼女の愛液の甘味のケミストリーは最高だ。【5着目】クローバー柄のピンク色のパンティ。さっきから結構かわいいパンティを持ってるな。若いのにセンスがいいパンティを持っていることを褒めたたえたい。広がりのある黄色いシミ、このシミはおそらく粘度が強かったであろうシミ。おれは鑑識官のようにパンティを撫で推測する。俺くらいになると彼女がどんな状況でこのシミに至ったのか調べ、情景も含め興奮するのだ。粘度が強かったであろうシミの部分で今度は彼女の膣内の愛液を根こそぎパンティーに染み込ませていく。恥ずかしいと言いながらパンティーはどんどんマンコに吸収されていく。彼女が抜き取るとネチョネチョの愛液が。これは家に持って帰るのが楽しみだ。【6着目】ブルーのパンティ。彼女は、全部同じじゃないというが同じじゃないんだ。鑑識官のような言い方になるが、シミは女の子の体質、状況などシミは全てを語りかけてくる。匂いが香ばしいな、この時彼女に何があったのか想像を書き立てる何回も嗅ぎたくなる匂いだ。興奮してきた俺はやはりちんこをパンティーで包みたい欲望をおさえきれなかった。彼女の愛液に包み込まれる幸福感。セロトニンが分泌されているのがわかる。彼女の手コキでパンティーを俺の精子で汚してその匂いも家に持ち帰り堪能したい。彼女のぎこちない手コキではあるがそれがまた興奮して速攻で果てる。【7着目】ネイビーのパンティ。このパンティのシミのつき方は7着の中で一番付きがいいじゃないか。これはじっくり堪能したいシミだ。この7着のパンティを受け取ることができ、すごい収穫だ。彼女のシミは黄色みが強く、匂いはキツくない味が甘めだった。俺個人としては黄色いシミは良かったが、匂いや味は物足りなかった印象だった。最後は個人的なお願いでオナニーでパンティにシミをつけてもらった。生地が厚めのパンティで、かなり濡れないと染みないパンティだ。彼女は、撫でるようにパンティの上からマンコを触る。ここでのシミの付きはイマイチ。彼女は指を入れマンコの中を責める。するとどんどんシミが出来てくる彼女は中で感じるタイプのようだ。中から溢れてきたシミがパンティに付き、おれはパンティを舐めたい衝動にかられる。おしっこ後のマンコにそのままパンティーを履かせる。せっかくのおしっこをシャワーで洗い流したなんてマニアに話したら逆に軽蔑されるわ!そういうことでおしっこはきちんとパンティーに染み込ませていきます。おしっこと愛液のケミストリーは癖になりそうだ。今日はJ○と最高の時間を過ごせた。今度はどんなパンティとめぐりあえるのか。パンティの奥深さ、まだまだ味わいたい。

動画視聴

詳細・購入はこちらから

下着買取りサイトで知り合った素人の使用済み下着vol.7
今日は、朝から背徳感と興奮が混ざりあった状態におれは居る。準備をして、軽やかに待ち合わせ場所に行き、そこにはもう彼女の姿が。「J○」、おれにとってどんなブランドより高価な響き。彼女にあった瞬間、それまで多少なりともあった背徳感は消えさり、欲...

コメント